荒友薬局

日立市大沼町の薬局 荒友薬局 【漢方薬 ・ 自然薬(高貴薬)】

〒316-0022 茨城県日立市大沼町1-27-18
TEL 0294-34-5522
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

アレルギー症状

益々悪化するアレルギー体質 ― 腸管免疫の低下 ―2016年 4月

春風と共にアレルギーの季節がやってきました。
年毎にアレルギー反応は、ひどくなる一方です。 (アトピー性皮膚炎 ・ 喘息 ・ 鼻炎 ・下痢等)
アレルギー反応とは、私達の体を守る免疫が過剰に反応する、間違った免疫反応のことです。
人が生まれて最初に罹るアレルギーの大半は食物アレルギーです。
赤ちゃんの時は母乳から免疫グロブリンAをもらって、
体を外敵 (細菌 ・ ウィルス ・ ストレス) から守られています。
そして離乳期から牛乳や卵 ・ 大豆製品を食べて腹痛 ・ 嘔吐 ・ 下痢をする。
これが食物アレルギーのはじまりです。
普通は、口から入ったたん白質は腸に入っても下痢 ・ 嘔吐 ・ 腹痛は起こりません。
これは食品に含まれるたん白質 (抗原) が、胃酸や消化酵素の働きで小さい分子に分解されて、
抗原性がなくなってしまうためです。
更に腸管では栄養分に対して、アレルギー反応が起きないよう 「免疫調整」 をしております。
これを「経口免疫寛容」と呼んでいます。
胃腸の働きの低下によって腸管免疫のバランスが悪くなり、アレルギー体質となるのです
過剰な免疫反応を抑える要因 (食物アレルギーに罹らない)
① 消化酵素(胃 ・ 小腸 ・ 膵臓) や胃酸 (たん白質の分子を小さくする)
② 免疫グロブリンA (小腸のパイエル板でBリンパ球からつくられる)
→ ※少ないと免疫グロブリンEが多くなりアレルギーになる
③ 経口免疫寛容 (漆職人の子は幼少時に漆を食べさせられて漆かぶれを防いだ)
アレルギー性疾患 (経口免疫寛容による治療例)
皮膚 アトピー性皮膚炎 アレルギー ダニ ・ 花粉
呼吸器 気管支喘息
花粉症
消化器 下痢 ・ 嘔吐 ・ 腹痛 自己免疫疾患 慢性関節
リウマチ
アレルギー症状の増加の原因
環境 ・ ライフスタイルの急激な変化 → 人にとって異物と認識するものが増えた。
・ 西欧型の食生活 (動物性食品 ・ 脂肪食 ・ 乳製品 ・ コーヒー)
・ 一定温度に保たれた機密性の高い住まい
・ 化学物質 (化学薬品 ・ 排気ガス) 抗菌薬 ・ 抗生物質
・ 過度のストレス (競争社会 ・ 騒音)

※ 老化やストレス、胃腸の手術は食物未消化によりアレルギー性皮膚炎 ・ 下痢のもと
アレルギー体質改善法 (腸管免疫強化 → 胃腸強化)
生活と
食事
食事の時間を守る(夜食は消化不良のもと) 体内時計
温かい食事 (酵素反応がよい) 冷蔵庫の食品はダメ
季節感のある食事(春は青い食物を食べる)
乳酸菌  ヨーグルト (乳酸菌飲料は胃酸に弱いので食後にのむ)
ヌカ漬け ・ たくあん ・ キムチ ・ みそ漬け ・ 麹漬け
ペクチン りんご(腸内の水分を吸収)
繊維 善玉菌のエサ ・ 悪玉菌の有害物質を吸着
体質改善
の薬
免疫グロブリンAの
生産を高める
キョーレオピン ・ レオピンファイブネオ (熟成ニンニク主成分)
ルミンA (感光色素成分) ・ 霊黄参(レイオウサン)
消化酵素剤 ワクナガ胃腸薬G (胆汁エキス入り)
ワクナガ胃腸薬L (ビオジアスターゼ ・ ウルソデスオキシコール酸)
・ 油性のゴミの排泄作用
・ 悪臭の便 ・ ゲップ ・ 口臭 ・ ガス防止
腸のゴミ処理
腸内の腐敗と
発酵防止
 
胃腸強化
漢方薬
小建中湯
(ショウケンチュウトウ)
子供の腹痛 ・ 小便が近い ・ しょっちゅうゴロゴロしている
黄耆建中湯
(オウギケンチュウトウ)
肌肉が冷えて体の弱い人
当帰建中湯
(トウキケンチュウトウ)
貧血気味で下腹部のハリ ・ 痛み
大建中湯
(ダイケンチュウトウ)
激しい腹痛 ・ 腹を温める

腸管免疫の強化により、免疫グロブリンAの生産をよくすると、
アレルギーのもとの免疫グロブリンEが少なくなります。
アトピー性皮膚炎 → 脂漏性湿疹 → 尋常性乾癬 → 膠原病 → ガン
リンパ球は、副交感神経支配です。笑い ・ くつろぎ ・ 癒し。



 

アトピー体質は童面体質 (幼児化) です2015年 3月

春風に吹かれてアレルギー (花粉症 ・ アトピー ・ 喘息) の季節がやってきました。
中でも成人のアトピーは年々増え続けております。しかも症状は悪化する一方です。
アレルギー反応は、免疫 (体の防衛機構) のバランスがくずれた反応のことです。
本来、人は大人になると副腎皮質ホルモンで体を守ります。しかしストレスや更年期、疲労等で副腎が疲れますと、子供の時のアレルギー免疫 (IGE) で体を守ろうとします。
最近は、幼児化 (童面体質) の傾向のせいか、副腎ホルモンが未発達になっており、様々な要因によって、アレルギー反応が起こるようです。アレルギー体質の根本的な対策は、副腎強化です。
アレルギー反応
IGEの過剰分泌 矢印 喘息の人
健康な人
・・・
・・・
血液中IGE抗体 828mg/dl
血液中IGE抗体 236mg/dl
矢印
粘膜に炎症 (鼻 ・ 耳 ・ 目 ・ 皮膚 ・ 気管支等が赤くなる)
矢印
炎症をとるため水をよびこむ (鼻水 ・ 耳だれ ・ 涙 ・ 水疱 ・ 痰が出る)
矢印
水が集まり粘膜がふくれる (鼻づまり ・ 耳鳴 ・ 難聴 ・ 発疹 (アトピー) ・ 息がつまる = 喘息)
体質改善
・・・
IGEが分泌しないようにする = 水をぬく
細胞膜の強化 ・・・ 副腎強化
体質改善
体の60%が水分 ・・・ 体液 (ミネラル ・ ビタミン ・ アミノ酸を含む)
副腎
腎が主どる
矢印
体温を保つ
栄養分 ・ 老廃物 (血液の洗たく)
浸透圧 (濃度) を調整
体液は40分で体を一めぐり、遅いと水毒 → アレルギーになる
胃腸の未発達 (消化酵素不足) 矢印  
偏食 ・ 過食 ・・・ 動物性たん白質
砂糖 ・ 塩分 腸毒 (体内にカスとして残り、肝で分解し、腎から排泄)
繊維質が少ない 矢印
  アレルギー物質と考える = 異物 (体に必要のないもの)
 
体質改善 たん白質分解酵素により1ヶずつのアミノ酸に分解して
人のたん白質に再合成する。

分解酵素が足りないと分解されない連なったアミノ酸が
異物 (アレルゲン) になる → アレルギー反応をおこす。

反応のおこす場所は、人によって異なる
(鼻炎 ・ 中耳炎 ・ 耳管狭窄 → 難聴 ・ アトピー性皮膚炎 ・ 喘息)
成人のアトピーは、腎 (水毒) と腸 (食毒) を改善することが大切です。

・ 乳児期の早すぎた離乳食 (下痢しないと未消化で吸収したものが異物になる)
・ 氾濫する種々の飲料水
・ 自分の腸に合っていない (食べ合わせ) 食べ方
・ 成熟できない大人
(性ホルモン不足 ・ ヒゲのうすい男性 ・ 生理不順の女性 ・ 子供ぽい人 ・ 年より若く見える)

童面体質 (子供ぽい) の人が多い時代です。
辛さ、苦しさを乗り越えると大人の渋味が出て成熟するといわれてます。


お勧めの図書 「幼児化する日本社会」 榊原英資 東洋経済

 

 

アレルギー性鼻炎2014年 6月

症状
症状
アレルギー性鼻炎は、鼻風邪とよく似ていますが
鼻風邪との違いは、鼻水の中に好酸球という白血球の一種が多く見られることです。
 
・ 突然鼻がかゆくなる
・ たて続けにくしゃみが出る
・ 鼻水が流れる
・ 鼻がつまる
矢印 ある日突然、発作的におこる
種類
季節に関係あるもの スギ ・ ブタクサ ・ アカマツの花粉など (花粉症とよぶ)
季節に関係ないもの アレルギー性 ハウスダスト ・ 猫の毛 (吸入性のアレルゲン)
非アレルギー性 アレルゲンのはっきりしないもの (血管運動性鼻炎を含む)
体質
体質
・ 皮膚がうすく、色白
・ 鼻が高くて大きい
・ 神経が細かい
・ うぶ毛が長い
・ 粘膜 ・ 皮膚が弱い
・ 春と秋に体調が狂う
治療法 (西洋医学)
抗ヒスタミン剤 血管を収縮させて血流量を少なくし、粘膜からの分泌を抑える (眠くなる)
交感神経刺激剤 粘液の分泌を抑える
副腎皮質ホルモン剤
(ステロイド剤)
内服又は噴射 (炎症をとる) (副作用が強い)
アレルゲン
(アレルギーのもとになるもの)
排除
アレルゲンのはっきりしないもの 減感作療法
※いづれにしても根本的な解決法ではない
東洋医学の考え方
鼻水が出たり、涙が出たり、まぶたがむくんだりという症状を身体全体を見て、水分代謝が低下していると考えます。これを水毒と名づけてます。
原因は、カルシウム ・ カリウム ・ マグネシウム ・ ナトリウム等のミネラルのバランスがくずれて、水分がかたよってしまう証です。
カンでもカンでも出てくる鼻水は、どこから出てくるのでしょうか?
本来、肺や胃にある余分な水は、尿と汗で出るはずなのですが、バランスがくずれているので、やたらと鼻水の方で出てきてしまうのです。
ミネラルのバランスは副腎で調節しているのですが、ストレスや疲労によって副腎は疲れます。
副腎本来の炎症をとめたり、抵抗力を増やしたり、自然治癒力を高めたりする大切な働きが低下して、ますます症状が空回りをしてしまうのです。
根本的には、副腎を強化することが一番大切なことなのです。
又、漢方薬余分な水分を汗や尿で追い出す作用をするので症状が改善されるだけです。
根本療法
免疫力を高め副腎を強化 滋養強壮剤
鼻の粘膜をひきしめ通りをよくする
水毒をとる漢方薬 (手造り) 小青竜湯
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)(鼻水がたれる)
肺 ・ 大腸 ・ 鼻の血行を良くする 当帰四逆湯 (ゾクゾク悪寒がする)
養生法
養生法
・ 水分をひかえる
・ 皮膚の鍛錬 (乾布摩擦)
・ 塩分をひかえる
・ スポーツで汗をかく
・ 全身の力を抜きストレス解消

副腎強化により、免疫のバランスを整えることがアレルギーの体質改善のコツです。

 

 

増えています ・・・・・・ 成人のアトピー性皮膚炎2014年 3月

学校を卒業して、入社したとたんに顔一面に真赤にホテリ、シコリの中から黄色い汗が出て激しいカユミがおそってくる。
おどろいて、相談にみえる若い人が増えてきております。
大人になると自然に治るといわれてきたアトピー性皮膚炎。
近頃は逆に、子供の時に軽かった人が成人になって悪化している様です。

 

アトピーとは 奇妙という意味
発症はよくわかっていない
IgEという免疫が異常に高い人が多いので
免疫のバランスのくずれた人がなると考えられる。
※免疫 体に異物となるものを排除する物質  

  乳児期 (0~3才)
    顔 ・ 頭 ・ 耳の下 ・ ヒジ、ヒザの裏
    ジクジクタイプ
    食物性 (卵 ・ 牛乳) … 消化器 (胃腸) が未成熟なためたん白質を未消化で吸収
幼児 ・学童期 (3~12才)
    皮膚 ・呼吸器 (鼻 ・ 気管支 ・ 肺) から … ゴミ ・ ダニ ・ 花粉
    カサカサタイプ
    成長と共にIgEの抗体がつくられる時期…小休止
思春期 ・成人 (12~50才)
    顔 ・ 首 ・ 唇 ・ 口のまわり (外から見える所に症状がひどく現れる)
    カサカサ→ジクジク (1ヶ所から汁が出る)
高齢者 (50才以降)
    消化器官の機能低下 (老化による)
    老化によるホルモン不足 (乾燥型アトピー)  … 老人性掻痒症
年代別特徴

 

成人のアトピー性皮膚炎の原因
・ 消化器官が未成熟 (身長 ・ 体重は大人でも内臓は子供)
・ ストレスに弱い体質 (過剰に身を防御してIgEを多く出す)
過保護に育てられたのでちょっとした刺激にも敏感に反応する (自律神経の失調)
・ 自分で分泌する消化液食べ物が合っていない (体質は日本人、食事は欧米食)
・ 皮膚の汗腺の働きが弱い (汗は皮下の老廃物を排泄)
<食生活の洋風化>
(消化器性)
(高脂肪 ・ 高たん白質)― 日本人は元来低脂肪低
たん白質の食事なので
消化液 (胆汁) 不足
未消化→異物となる
   
    <生活様式の変化>  
  ・ エアコン…カビ ・ ダニ } 皮膚 ・ 呼吸器性
  ・ 自動車 ・ 飛行機…排気ガス
西洋医学の治し方
抗ヒスタミン剤 ・・・ カユイ物質 (ヒスタミン) の作用を直接ブロックする
・ 抗アレルギー剤 ・・・ アレルギーの発症を間接的におさえる
ステロイド剤 ・・・ 副腎皮質ホルモンを直接補う <副作用あり>
  ※ステロイド外用の副作用 (大量使用 ・ 長期使用による)
 
     ① 皮膚萎縮 (ツッパッタ感じ)
② 毛細血管拡張
③ 酒さ様皮膚
(赤ら顔)
④ 感染症
(ニキビ ・ トビヒになりやすい)
東洋医学の治し方
・ 消化器官を強化 (小建中湯 ・ 桂枝人参湯 ・ 黄連解毒湯)
・ ストレス (自律神経) (柴胡桂枝湯 ・ 柴胡加竜骨牡蛎湯)
・ 副腎強化 (免疫力) (六味丸 ・八味丸 ・ 四物湯)
・ 消化分泌促進 (胆汁エキス ・ 牛黄)
・ 発汗剤 (麻黄湯 ・ 桂麻各半湯 ・ 越婢加朮湯)