荒友薬局

日立市大沼町の薬局 荒友薬局 【漢方薬 ・ 自然薬(高貴薬)】

〒316-0022 茨城県日立市大沼町1-27-18
TEL 0294-34-5522
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

コラム

冷え症は体の黄信号

頭の使い過ぎが大きな原因
リラックスして運動を

 春が来たのに、薄着になれない。夏なのに靴下をはかないと寝られない。こういう訴えをする女性が増えております。冷え症について、私なりに考えていることを書いてみようと思います。

 冷え症になったからといって病院へ行っても「冷え症」という病名をつけてはくれません。現代医学には、この名前はありません。冷え症とは、その人が自分で”冷えている”と感じるという事から起きているからです。感覚的な症状のために、検査しても数値やグラフに表わすことはできません。病気として非常に証明しにくいのです。

 冷え症はどうして起こるかといいますと、まず、体に寒さがあたることにより血行が悪くなり、下半身が冷えてきます。そうすると、下半身にある臓器の新陳代謝がにぶってきます。そのため、その付近の腎臓、卵巣、子宮、膀胱、大腸に悪い影響を及ぼしてしまうのです。体の冷えている人の多くが、生理痛や腰痛、膀胱炎、便秘などの症状に悩まされているのは、以上の理由からです。

 これらの症状は病気というより、病気の一歩手前の状態で、交通信号に例えると黄信号といった所です。放っておきますと赤信号 (病気) になる恐れもあります。早く手当てをして青信号にしたいものです。

 ここではホルモンの働きや自律神経、内臓などの内科的原因からくる冷え症は別として、青信号にする方法を考えていきましょう。治し方は実に簡単なのですが、社会的生活が冷え症をなかなか治させてくれないという要因もあるのです。

 例えばミニスカートの流行により下半身が冷える。ビニールハウス栽培により冬でも夏の食べ物を食べている。クーラーの使用により夏に十分日光浴をしない。職場では長時間同じ姿勢をとっている。一番多い頭の使い過ぎなど、数えきれないほどの理由があります。これらはすべて、文化的生活が引き金役になっているのです。

 最近の相談で多くみられるタイプに、生活もきちんとしており、温かい食べ物を食べ、内科的にどこも悪くないのに、体が氷のように冷たい、夏でも電気アンカを使っているという人が多くいます。個人的な意見になりますが、こういう人に共通している点は、非常に頭を使って仕事や生活をしているということです。

 これは、現代社会の人間関係があまりにも複雑で、気配りや気遣いを必要とするため、血液が頭にあがってしまい、下半身の血液が少なくなって、その結果冷え症を起こしているというわけです。頭がカッカッとのぼせて、足元が冷たいと訴える方の原因は、体ばかりでなく、精神的な要因もあるということを知っておいて下さい。

 私がアドバイスしている冷え症対策は、夏に海水浴や外気浴を十分してエネルギーを補給すること、精神的なくつろぎや十分な睡眠をとること、アウトドアスポーツを楽しみ、温かい食事をとることなどです。以上の点を実行して、黄信号から青信号へと変えていきましょう。

 そして ”冷え症よ さようなら”

 

現代社会と自律神経

副交感神経を回復させよう
五官の触れ合いを大切に
体のリズムは養生しだい

 風薫る五月、さわやかな日々をお過ごしでしょうか。それとも家の中に閉じもこり、夕べも眠れなかったと憂うつな顔をしておられるでしょうか。

 後の方は、少々神経がお疲れのようですね。神経といいましても、ここでいうのは自律神経のことです。自律神経の狂いを自律神経失調症と呼んでいますが、今回は、ストレス性の病気とかかわりの深い自律神経について書いてみようと思います。

 まず体には二つの神経系があります。一つは脳脊髄神経系、もう一つは自律神経系です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この二つは私たちの意志とは関係なく、自動的に体のリズムをとってくれています。例えば涙、汗、唾液の分泌、呼吸乱れ、血液のめぐり、心臓の働き、食道、胃、腸、胆嚢の動きなどはすべて、自律神経の働きで自動的に調節されているわけです。

 一日の生活のリズムを考えてみますと、一生懸命仕事に打ち込んでいるとき (緊張状態) は交感神経が働き、ゆったりとくつろいだ気分でいるとき (弛緩状態) は副交感神経が働いています。頑張っているときは瞳孔が開き、血圧が上がり、心臓が高なり、筋肉も硬直しますね。そうしたときは副交感神経が働く胃腸はお休み状態、胃液の分泌はありません。ですから、仕事で頭がいっぱいのときに食事をしても消化吸収がよくないのです。

 ところが現代社会は、大人の世界も子供の世界も競争の時代。社会が求める人間も、競争に勝ち抜ける強い意志と体力の持ち主ということになり、四六時中気を張り巡らし、眠っていても考えごとをしたり、失敗すまいと頑張ったり・・・。これでは交感神経が働き過ぎてしまいます。イライラ、不安、不眠、偏頭痛、高血圧、心臓神経、関節炎などを引き起こす要因です。

 本来人間には、安らぎ、保護されたいという依存性があります。現代社会ではこうした面は弱者とみなされるためか、表面に出したがりません。そのうえ、やすらぎの場が家庭の中からも消えてしまっています。お父さんも子供たちも、お母さんに触れているときが一番緊張がとれ、筋肉も緩められています。お母さんの手作りの食事だと食欲がまし、お母さんのそばで寝るとぐっすり眠れる。こうした五官の触れ合いが副交感神経を働かせるのですが、それが足りないと副交感神経が働かず夜尿症、便秘、喘息、胃潰瘍、大腸炎などの症状を引き起こします。

 要するに自律神経系の交感・副交感の神経が緊張と弛緩のバランスをとって体のリズムを整えてくれているのですから、このバランスがくずれると、いろいろな症状が出る自律神経失調症が起こるということです。

 現代は文明の利器の発達のおかげで、手間暇をかけないという考え方が強く、生活全般にも手抜きの傾向がありますね。ちょっとイライラしたり眠れないから、ドキドキするからといっては精神安定剤や睡眠薬を欲しがり、効果が出ないとすぐ、もっと効く薬を求めたがるのも、安易な傾向といえましょう。

 その反面では、自分で養生することを忘れ、私どもが養生法をアドバイスしても、自分の体にさえ手間をかけなくなっている状態です。

 しかし競争が激しく忙しい現代生活では、時間をかけて養生することも難しいのかもしれません。昼頑張る交感神経、夜働く副交感神経の機能を知り、まず副交感神経の回復をはかりましょう。そうすれば体のリズムが整い、身心ともに充実した生活がおくれます。

 精神安定剤や睡眠薬は副作用としていろいろな精神障害をひき起こすと発表されています。薬剤師の立場からひと言申し上げますと、このような薬を服用なさる方は十分注意して下さい。

 

中年女性とシミ

お肌は内臓を映す鏡です
肝臓、副腎、卵巣の手当て
女性ホルモン回復させよう

 梅雨が上がると、日差しがぐっと強まります。そんな夏の外出には、帽子とサングラスが片時も離せないというご婦人方も多いことでしょう。日焼けやシミを気遣う女心と解せば、うなずけることです。肌を美しく保ちたい (いまさら目鼻立ちはとやかく言えないし) と、女性は万感を込めて思っています。今回は中年女性にとって憂うつなシミについて書いてみようと思います。

 日光にさらされますと、肌は褐色になります。これはメラニン色素が出て、皮膚の下の層を紫外線から守る、いわば防衛反応です。若い時代は時がたつにつれ、自然に薄くなって元の色白に戻ってくれますが、中年にもなりますと、このメラニン色素が居すわって、シミになります。色素の居すわる場所は不規則ですが、左右対称にできるのが特徴です。目、ほお、額にでき、境界がはっきりとしています。生理前になると濃くなることもあります。

 特にホルモンのバランスが悪くなっていると、この傾向は顕著です。ではホルモンのアンバランスとメラニン色素とは、どのようにかかわっているのでしょう。

 女性には思春期、出産期、更年期という3つの大切なホルモンの働きが変わる時期があります。この時を上手に乗り越えないとシミとの縁が切れなくなってしまいます。例えば過労や睡眠不足、中絶、卵巣摘出などにより女性ホルモンは足りなくなります。そのバランスを保とうと間脳に指令が行きますが、その指令が間脳から脳下垂体に、不足している女性ホルモンを出すよう命じます。その時脳下垂体が女性ホルモンだけを分泌してくれればよいものを、やっかいなことに同じ場所にあるメラニン色素刺激ホルモンも同時に刺激してメラニン色素を分泌するため、シミ肌の原因になるのです。

 このホルモンと大きくかかわっている臓器として肝臓、副腎、卵巣があります。肝臓はホルモンの原料を作り、副腎はホルモンの種分けをし、卵巣は女性ホルモンを分泌するという役割をもっています。

 お肌は“内臓の鏡”などといいます。特に、肝臓の働きが悪くなるとシミができやすくなります。出産回数が少ない人は、瘀血(おけつ)という血液が肝臓で分解されにくくなります。これが、シミ肌の原因となります。その外、薬物 (抗生物質、サルファ剤、血圧降下剤、鎮痛剤、合成ホルモン剤) も肝臓に負担をかけシミをつくります。副腎は自律神経を調整する働きがあるので、精神的な悩みやショック、イライラなどがあるとホルモンが乱れやすくなります。

 以上がホルモンや内臓とシミとのかかわりですが、自律神経失調症の人や冷え症の人にシミが多いということや、化粧品に負けやすい人などは、肝臓や副腎に抵抗力がなくなっているためということもうなずけると思います。

 では、シミにならない予防や養生はどのようにしたらよいのでしょう。答えは簡単です。女性ホルモンを回復する生活を心がけるの一言につきます。

 まず肝臓や副腎、卵巣の手当てを十分することです。そして皮膚が刺激をうけない化粧品を使い、血液がきれいになるよう食事を正すことです。きれいな血液はきれいな肌をつくりますから、新陳代謝を促す繊維質のものや核酸食を十分とることです。

 また精神的な面では、男と女の本質的な相違を思い違いしてか、女性の生活が男性化していることも影響していると言えなくもないのです。例えば女性言葉のすたれ、ジーパンの普及、自動車の運転、男性の職場への進出など、私達が知らぬ間にじわじわと女性の生活が男性化しています。出産回数が少なかったり、出産しない人が増えているのも一因です。そして女性の社会的責任がますます大きくなっている昨今、肝臓や副腎が疲れる原因がいくらでもあるのです。

 こうした状況下で、シミからさよならをするには、睡眠を十分にとり、肉体および精神的な疲れを回復すること、さらに女性らしい優しさや艶やかさ、柔和さ、母性、妻らしい感情を忘れないで過ごすことが大切ではないでしょうか。

 

指の荒れはアレルギー第一歩

体と環境の調和を
アレルギーになるような親の暮らし方は当然、子供にもコピーしてしまうもの

 寒さが激しさを増してきますと、水仕事が憂うつになってきませんか。指先の荒れがひどくなって指紋が消え、肌が地割れを起こして血がにじみ出たりなど、いろいろな症状が現われて困っているミセスも多いかと思います。結婚や出産を境に、急にひどくなってしまう方もいらっしゃるようです。

 以前は、主婦が多く患うことから“主婦湿疹”とか“洗剤負け”とか言われていました。最近は、主婦ばかりでなく子供にも男性にも見られるようになって、洗剤や水が原因とは考えにくくなっています。こうしたことから現在、皮膚科の領域では局限性のアトピー性皮膚炎と呼んでいます。言い換えれば“アレルギー反応の一種”ということです。今回はアレルギー体質についてお話してみます。

 アレルギー反応はどうして起こるか、一口で言いますと「本来、体を守ってくれる免疫が過剰に作られているため」です。体質が普通の人より過敏になって、異常にいろいろな物質と反応しやすくなっている状態をいいます。いわば免疫の異常事態を引き起こしているのです。

 では免疫の異常はどうして起こるのか。これは完全にわかっておりません。ただ、遺伝子的要素が25%、残り75%は身の周りの環境 (空気、水、食べもののバランス、体に悪いものを食べている、考え方などがその人の体に適応していないため) が原因ではないかと言われています。

 例えば、アレル源をもっている両親から生まれた子供のアレルギー発現率は58%で、片親だけだと38%、両親ともアレルギーでない場合は12.5%というデーターからみても、環境が影響している要因が大きいと考えられます。一卵性双生児を北海道と沖縄に別れて暮らさせた例によれば、北海道の子供には喘息が起こったのに、沖縄の子供には全く現われなかったという結果も出ています。

 ですから母親が手の湿疹をもっていると、その子供もまたアトピー性皮膚炎を患っているのは、単に遺伝性のものと片づけるのは危険です。母親の考え方により食事や生活状態が子供にコピーされているためと考える方が、解決の糸口になると思います。要するに、親がアレルギーになるような暮らしをしていれば、子供もまたアレルギーになるのは当然のことなのです。

 現在手が荒れているミセスは、ご自分の考え方や身の周りの環境、食生活などが体に合っていないという、あなたの体からのお知らせなのです。このお知らせを無視して生活していますとだんだん手の荒れがひどくなり、物がつかめなくなったり、一年中バンソウコウを指に巻いていなければならなくなったりします。それが高じてくるとアレルギー反応が広がり、体の至るところに現われ、アレルギー性の眼瞼炎や外耳炎、口角炎、喘息、化粧カブレと、容赦なくかゆみや発しん ・ 発作がでます。

 さらに免疫の異常が深くなりますと、リュウマチ、膠原病、自己免疫疾患と難病への道をたどることになります。

 以上のことから、アレルギー体質は体と身の周りの環境の調和がとれていないから起こることがおわかりになったと思います。体と環境との調和をとり戻すことが、アレルギー体質を克服することになるのです。

 最後に、アレルギー反応が起こりにくい生活の方法についてアドバイスしてみます。
 (1) 食事 (自然の形の食品をとる。薄味)
 (2) 天然繊維を着ること (静電気がおこらないよう)
 (3) 皮膚を鍛錬する (皮膚は第一の防御壁)
 (4) 心身の弛緩 (心豊かなひとときをもつ)

 以上のことを心がけますと、異常事態を引き起こしていた免疫を正常に戻し、ハンドクリームをつけたり、ゴム手袋で手を保護する方法などから、さよならすることができます。

 よくアレルギー疾患の方で、耳鼻科や眼科、皮膚科、内科と病院巡りをしてらっしゃる方がいますが、アレルギー疾患だと同種の薬を処方されている可能性もあります。2つ以上の病院へ行っている方は、医師や薬剤師と十分相談なさって下さい。薬の重複は危険です。