[営業時間]9:30~18:30
 諸般の事情により当面の間、17:00までの営業
   [定休日]火曜午後・木曜午後・土日祝日・お盆・年末年始

化粧品化学からみた正しいお肌の手入れ法

朝の手入れ

1.洗顔剤 (アルカリ性)

栄養素の入らない洗顔剤が良い。
栄養素が入っていると汚れも一緒に皮膚に入ってしまう。
洗顔剤のアルカリを残さないように何回もよくすすぐこと。
汚れを取るにはアルカリを強くするのが良いが、強すぎると侵蝕作用で皮膚が脱離する。
(肌は弱酸性)
こすらないで水を浴びせるようにすすぐのが良い。
顔の皮膚は筋肉とくっついてるため表情筋 (シワ) が出来やすい。

2.化粧水 (弱酸性)

皮膚はたん白質なので化粧水によってキメ細かくなる。
たん白は酸によって凝固する (収斂(れん)作用 = アストリンゼント作用)。

3.乳液

栄養を補給し、クリームの吸収を良くする。

4.下地クリーム

バニシングタイプ (親水性) が良い。皮膚を紫外線から守る。
ファンデーションのつきをを良くする。少し塗るのが良い。

5.水ファンデーション (パンケーキ)

バニシングタイプ (親水性) が良い。
油やけが皮膚を荒らし、シミ ・ ニキビ ・ ソバカスを作る。

6.フェイスパウダー

粒子が細かくて高価なものが良い。
下から上に向かってたっぷりつけ、その後上から下に向かってはけで余分な粉を落とす。

7.メイキャップ

美しく見せるためにする。
明るく輝いているようにみせる。
上品にみせる (明るさを出して色は出さないようにする)。
幸運なメイキャップ (眉 ・ 口 ・ 目)

化粧品化学からみた正しいお肌の手入れ法

夜の手入れ

1.クレンジングクリーム

メイキャップの汚れを取る。

2.洗顔

3.化粧水

4.乳液又は栄養クリーム

5.パック

小じわを取る。

八面体質からみた知能について

智力 敏感な知覚 童面の智力 ・ 知恵 (子供 > 老人 ・ 動物 > 未開人 > 現代人)
忍耐的行為 学習 初期学習 (30歳までの学習) ― 試行錯誤 ・ 体で覚える
後期学習 (言葉 ・ 概念)
記銘の再生 老面の智力 (推理力)
化粧品化学からみた正しいお肌の手入れ法

※人間的 (理性的) なものと共に、動物的 (感情的) なものの五感も しっかりしなくては正しい推理は出来ない。両面の発達が大切である。